葬儀業者の手配から搬送までの流れ

葬儀は、どんなに忙しい日でも待ってはくれません。どなたかが亡くなるということは悲しいことですが、ご遺体を長時間そのまま預かってもらえる公的機関は、日本では警察以外にはないことをご存知でしょうか。その警察でも、ある一定の期間が過ぎてどなたも引き取りに来られないご遺体に関しては、無縁仏としてお寺にお願いしなければなりません。それは病院でも同じです。病気で亡くなった場合も、病院の霊安室に一時的に安置することが可能ですが、長時間安置させてくれるわけではありませんので、早急に葬儀会社を選び、その後の手配をお任せしなければなりません。

関西エリアで活躍する天光社(https://1000kaze.jp/)は、24時間365日体制で対応を受け付けています。早朝でも深夜でも迅速に対応し、ご遺体の引き取りから搬送を請け負ってくれます。葬儀費用の見積もりは、搬送を終えてお通夜の準備を行う前に、担当者から提案してくれます。天光社(https://1000kaze.jp/)では、見積もりを見て納得した場合に限り、お通夜・葬儀の準備が進められます。まだ納得していないのに、葬儀会社の勝手な判断で準備されることはありません。

続いて、急な不幸で天光社(https://1000kaze.jp/)に相談をした際に、天光社(https://1000kaze.jp/)から確認されることについて説明します。まず、病院で亡くなった場合ですが、医師からご臨終だと伝えられたら、看護師が故人の身体から治療に用いた医療器具を外し、身体をきれいにするために清拭を行います。その間、遺族の方たちは葬儀会社に希望を伝え、遺体を搬送してもらうよう手配します。その際、天光社(https://1000kaze.jp/)から、亡くなった方の氏名、今いる病院名、住所、寝台車が病院に到着する時間、問い合わせを行っている方の名前と連絡先を聞かれます。

後は、寝台車が到着するのを病院内で待つという流れになります。寝台車の到着を待つ間に、医師から死亡診断書が発行されるため、到着した葬儀会社のスタッフに死亡診断書を渡します。ご遺体の安置場所へ到着し、ご遺体を寝台車から移動させた後に葬儀の見積もりを渡されますので、内容を確認します。